円偏波

 

語句解説:

 電波は横波であるが、振動する面のことを偏波面という。
 地上での無線通信においては、通常偏波面が一定の方式が用いられる。 たとえば、家屋の屋根についているラジオやテレビなどの八木アンテナ は、偏波面が水平方向(水平偏波)であることを示している。一方、 携帯電話などは電話機をたてに持ち、アンテナもその垂直方向であるので 垂直偏波となる(よって、つながりにくいときは電話をきちんと縦にしたほうが良い)。ビルの屋上などにある携帯の基地局も当然縦方向にアンテナが取り付けてある。

 さて、衛星通信においては、直線偏波であると衛星側の姿勢によって地上側で 受ける偏波の向きが変わってしまい、受信しづらい。そこで、地上局では 偏波面をいちいち合わせなくても受信ができるよう、偏波面を円状に切り替える 円偏波のアンテナを用いることが多い。衛星側でも円偏波にしているものが 多いが、CubeSatなどの超小型衛星では、アンテナ設計の難しさから、 ダイポールアンテナ などの直線偏波を用いる傾向が強い。

 円偏波には、右旋編波と左旋偏波がある。地上局用の円偏波アンテナでは 切り替え式になっているものが多い。円偏波アンテナの例としては、 ターンスタイルアンテナ クロス八木アンテナ、ヘリカルアンテナなどがある。

 

関連語句:

ターンスタイルアンテナクロス八木アンテナ